たなか歯科クリニック

メニュー

矯正歯科・歯科口腔外科

矯正歯科


矯正歯科

矯正治療は
いつ始めたらよいか?


歯並びの状態によっても変わりますが、歯並びが悪いと思い始めたらできるだけ早く専門医に相談することをお勧めします。
特に、小児の場合は成長期に矯正治療を始めることによって治療方針の選択が広がります。


小児歯科(6〜12歳)の場合

小児矯正は主に乳歯から永久歯に生え変わる時期に行う治療です。お子様の成長を利用し、顎が広がるよう導いていきます。治療期間は1~3年程度です。

成人矯正の場合

治療期間は1~3年程かかる場合が一般的で、顎の位置や大きさをコントロールしたり、顎の骨の中にある歯を動かしたりするため、ある程度の年月が必要となります。治療後には移動した歯を安定させる保定期間も、1年半〜2年程かかります。


不正咬合の代表例


歯並びに影響のあるこんな「癖」はありませんか?



普段のちょっとした「癖」が
歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。
矯正歯科では歯並びをきれいにして、
噛み合わせを整え、
様ざまな不正咬合を改善します。






治療について

小児矯正


小児矯正

お子様の「歯並び」「噛み合わせ」
「口呼吸」などを改善し、
健康な体へと導きます。


小児矯正は主に乳歯から永久歯に生え変わる時期に行う治療です。(6〜12歳ごろ)お子様の成長を利用し、反対咬合(受け口)や上顎前突(出っ歯)などの不正咬合を改善したり、永久歯が生えるスペースを作るために顎が広がるよう導いていきます。治療期間は1~3年程度です。


メリット


顎の成長をコントロールできる
悪い噛み合わせを予防できる
歯が動きやすく治療がスムーズ

デメリット


家族やお子様の協力が必要
歯列の並びがきれいになる保証がない

一般矯正


一般矯正

歯並びや噛み合わせを整えることで、歯の機能を向上させ健康な状態を保ちやすくなります。


もっとも一般的な矯正装置で、歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を取り付けます。全ての歯に取り付け、そこにワイヤーやゴムを固定して歯を動かします。矯正治療の中には治せる症例が限られてくる治療もありますが、ブラケット矯正は、ほとんどの不正咬合に対応可能な矯正装置です。また、ブラケットには透明で目立たないものや、舌側矯正治療もございますので、ご希望に応じてお選びいただけます。治療期間は1~3年程度です。治療後には、移動した歯を安定させる保定期間も、1年半〜2年程かかります。


メリット


治療費を抑えることができる
金属製のメタルブラケットは、
丈夫なため長持ちする
多数の症例に使用することができる

デメリット


装置が目立ちやすい
装置に厚みがあるので歯が盛り上がってしまい
口を閉じにくい
装置が当たり、口内炎になりやすい環境になる

マウスピース矯正


マウスピース矯正

目立ちにくい透明の
「マウスピース型矯正装置


透明のマウスピース型の矯正装置で目立ちにくく自由に取り外すことができます。装置に金属を使用していないため金属アレルギーの方でも使用していただけます。治療期間は、およそ2〜3年程度で、治療中は1ヶ月~2ヶ月ごとに定期的に通院していただきます。1日の装着時間は17時間以上キープする必要があります。


メリット


透明なマウスピース型のため、目立ちにくい
取り外し可能なため、
お手入れがしやすく清潔に保てます
金属を使用しないため、
金属アレルギーの方でも使用可能

デメリット


1日の装着時間が長い
(1日17時間以上の装着が必要)
装置のケアが必要。ケアを怠ると、
むし歯や歯周病リスクが高まる原因にも
適応できない症例があります

費用について

矯正歯科費用 単      価
相談料 0円
検査料 50,000円
小児矯正 400,000円
成人矯正 800,000円

※表示の費用は税抜価格となります。



医療費控除

矯正治療は医療費控除を
受けることができます


矯正歯科治療は、一般的に健康保険の適応はされず、自費診療となります。(一部の先天異常が原因で生じた異常な噛み合わせや、顎変形症と診断された場合にのみ健康保険が適用されます。)歯の自費診療は、高価な材料を使用することが多く高額な治療費となる場合があり、「治療目的」である場合には医療費控除の対象にすることが可能です。医療費控除のお手続きは、支払いを証明する領収書などを確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
詳しくは最寄りの税務署へお問い合わせください。






歯科口腔外科

歯科口腔外科は、口腔(口の中)や顎(あご)、顔面に現れる病気の治療を行います。
たなか歯科クリニックは、お口の中のトラブル・不安に対応いたします。

親しらずの抜歯


親しらずの抜歯

親知らずは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯で、前歯から数えて8本目の歯のことをいいます。一般的には20歳前後に生えてくることが多く、個人差があり生えてこない人もいます。斜めに生えたり、歯ぐきに埋まったりするなど、歯並びに悪影響を及ぼしたり、炎症や痛みがでたりする場合には抜歯が必要です。


顎関節症


顎関節症

顎関節症は、顎の関節を構成する骨、筋肉、靭帯といった構造のバランスがくずれることで生じます。「顎が痛い」「口が開きにくい」「顎を動かすと音がする」「ものが噛みにくい」といった症状が現れます。生活習慣指導や投薬治療、マウスピース等の治療を行います。



たなか歯科クリニック




診療科目 | 歯科 ・ 歯科口腔外科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科
休 診 日 | 木曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
TEL | 0773-77-8341
所在地 | 〒625-0057 京都府舞鶴市南浜町16-2
インスタ


インスタ
診療科目 | 歯科 ・ 歯科口腔外科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科
休 診 日 | 木曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
TEL | 0773-77-8341
所在地 | 〒625-0057 京都府舞鶴市南浜町16-2